NISA初心者に伝えたい株式投資3つの注意点

株の初心者にとって苦手なのは、ずばり損切りなのです。

上がるとついつい思ってしまって、手放さない場合が多いです。

また、損したくないと思って、さらに損失を膨らませる場合があります。

絶対とか100%ということはありえないため、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはとても重要な事です。

給料は全く上がらないのに政府は物価を上げようと躍起になっているように思います。

物価が上がるならば企業の収益力も上がり、その結果、株価上昇に繋がることになります。

銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株の投資を始めてみると良いです。

株をやる方法はとても簡単です。

口座を証券会社に作ればよいだけなのです。

今ではネット証券もありますから、取引もスムーズです。

株の空売りをするNISAなどの株式投資のビギナーは少ないのが現実です。

けれども、NISAなどの株式投資をこれからずっと続けていこうと思っているのなら、身につけておきたい技術だと思います。

その理由は、空売りを知るということは買う側の意識の理解とともに、売る側の気持ちについても考えるようになり、取引の幅が広まっていくからです。

NISAなどの株式投資には損失の可能性があります。

ですので、株を初めてする場合は、はじめに投資信託を選んで資産運用を始めるのも良い選択です。

投資信託は投資の専門家が有望な投資先に大きくバランスよく分けて資金を投入するので、安心できる初心者に最適の運用法のひとつになります。

株の始めて間もない人がNISAなどの株式投資をする狙い目は、ほとんどの人のNISAなどの株式投資への関心を失い、株式市場が閑散とした時なのです。

このような時期では、どの銘柄もありえないくらい安く株価が放置状態なので、優良銘柄の購入には絶好の時期であると感じるからです。

株の購入において、時間を取れることも重大な要素です。

日本最大のNISAなどの株取引市場である東証が開いている時間は午前9時から午後3時の間ですから、更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。

こういった点で主婦の方は新米であっても有利な立場で株への投資に向いていると言えるでしょう。

株投資をしているサラリーマンは会社で勤務している時は相場を確認することはできないので、基本としてデイトレードのようなことは不可能です。

なので、たくさんのサラリーマン投資家らは決算書を十分に読み、割安の株を探し出して、投資しているようです。

私はつい最近、NISAなどの株式投資を始めたばかりの新米です。

株を取得し、ある水準まで儲かったら、いち早く売るべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、今もって悩んでいます。

長く保有していると、優待によるメリットもありますから、悩むところです。

多くの人がそうだと思うのですが、自分は株を始めたころ、ビギナーでチャートの読み方が、わかりませんでした。

依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「なんとなくこうだろう」という見方があり、ちゃんと参考にしています。

それでも、今でもたまに誤ってしまう時もあります。

株の投資をするためには銀行口座を開設しなければなりません。

新米におすすめなのがネットのNISAなどの株取引企業です。

ネット証券は様々な手数料が安くセーブされているので、利益を取得しやすいと言えます。

ネット証券ごとにサービスの内容が違うので、比べてから口座を開設しましょう。

株をやったことのない方が、決算書を読みたいと思っても、報告内容がさっぱり理解できないかもしれません。

けれども、心配する必要はありません。

株を長く持たず、短期売買に決めれば決算書を気にせず利益を出すことができるからです。

株投資について書かれた本を何冊も分かるまで読んだ上で、株式取引のビギナーが投資をする場合、スイングトレードと名づけられた投資法をチョイスする人も大勢いるでしょう。

スイングトレードは儲かる時には大きな利益を得られるので、非常に人気がある株式の投資方法です。

もちろん、いつでも利益が得られるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。

株式を売ったことにより、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の際はその人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。

確定申告による手間が省ける便利なシステムですが、損失繰越などをする場合は確定申告をすることになります。

これから株を始めてみようと思って現在はバーチャルの取引でやっています。

今のところ順調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないかもしれないのです。

とはいえ、この株のバーチャルで得た感覚というのを大切にして、今年中には、株の取引をしようと思っています。

株の新米から投資資金はいくらぐらいでスタートできるのかと聞かれれば、私は最低100万円くらいは準備しないと、NISAなどの株式投資を始めるのは困難だと思います。

どうしてかというと、このくらいのお金があれば上場している多数の銘柄の中から気に入った出資先を選択することができるからです。

引用:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】