住宅ローン借り換えのメリットとは?

住宅ローンの借り換えで得られるメリットは住宅ローンの支払総額が減るという点ですね。
支払総額に違いが出るのは、銀行から融資を受ける際に発生する利子(金利)です。
住宅ローンを組んだ当時よりも借り換えを考えている現在の方が低金利の場合は借り換えを検討してもよいと思います。
よく言われる借り換えの基準は「10年、1,000万円、1%」です。
これはローンの残り期間が10年以上、ローン残金が1,000万円以上、現在の借り入れと借り換えた金利の差が1%以上ある場合は借り換えた方がお得という目安です。
ちなみに金利がどのくらいかかるかというと、1,000万円の借り入れで1%の金利を10年間支払うと総額で52万円になります。